いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[感想いろいろ]「僕の生きる道」第五話
 田岡くんのことで処分待ちになっている中村先生。
 先週は気づかなかったんですが、赤井先生はちゃんと結婚指輪をしていましたね。


 鋭い太田先生には妄想(まあこの時点では妄想だよな、一度強引に実行してるとはいえ)をしっかり見抜かれてる中村先生、うちに帰ればお母さんから宅配便が。ああ、そうなんですよねえ、うちの母もそうなんですけどああいう日用品というかこちらでも買えるような品々を詰めて送ってくれたりします。でも「もーこんなのこっちでも買えるよう」とか言いながら箱から出すのもまた楽しいんですが。
 そしてお母さんにお礼の電話を掛ける先生。うわーん、あんた元気じゃないだろヽ(`Д´)ノせめて、せめてお母さんに病気のこと話したげてよう。でないとお母さんは先生が亡くなった後、余計に後悔しちゃうよ。お母さんにも後悔のない人生を歩ませてあげておくれよ秀雄さん!ねえ、そんな胃痛に苦しんでるんだったらさあ、頼むよ・゜・(つД`)・゜・
 うってかわってみどり先生(ところでみどり先生は秀雄含む他の先生や生徒からもみどり先生と呼ばれてますね。秋本先生じゃ理事長と同じ名字だからまずいってことなんでしょうか?)のお宅の食卓は父と娘が和気藹々と鍋をつつく。鱈に執着しつつもちゃんと手紙を読んでくれてる理事長はいい人。そして「他に痛むところはありませんか」とやんわりと田岡くんをたしなめるところもイカス。
 なんかもうストーリーの順番が前後入れかわっちまってますが、構わず思いのままに書きます。
 今回のステキ映像は中村先生とみどり先生の体育館でのやりとり。これはねえ、もう夢の風景ですよ。まあ二人の話している内容も小さい頃の夢ですが、この一連の映像自体が夢。少し紗がかかったような明るい光の差し込む室内での他愛のないやりとり、螺旋階段を楽しげにくるくると駆け上る二人、そしてピアノと歌。これがステキな夢でなくてなんだというんだよう。
 第二話の岸壁のシーンでも思ったのですが、このドラマのこういう現実なんだか夢なんだか曖昧な景色(まあ今回の二人の会話は現実ですけども)、すごく好きです。
 みどり先生の「乾杯の歌」の伴奏に困ったような顔の中村先生、でも曲の歌い出しにかかる頃になるとその表情がぐっと真剣になって歌に備えてる。こういうとこいいなあ、と思います。なんかね、こう「歌うのが好きな人」っていう感じがすごく出てると思いました。変な例えで申し訳ないですがカラオケとかに行った時、歌うのが好きな人(ってまあ自分なんですけど。上手下手はおいといて)ってそれまでどんなにふざけてても歌い出しにかかる瞬間にぐいっと歌に集中するんですよ。そんな感じがすごくよく出てると思いました。肝心の歌の内容はまあ「草なぎ逃げたなw」って感じでしたが。おしむらくは歌ってる感じがクラシックを歌ってるっぽく見えなかったことかなあ。
 アイドルになるために学校をやめると言い出す生徒が出る中で、ちょっと生徒を試しにかかる中村先生。試しに負けて、というかそれほど真剣な夢ではなくてあっさりと退学を翻す黒木さん、そしてそれとは対照的に廊下で挑みかかるような瞳の杉田さん(この時の彼女の拳を握りしめた立ち姿イイ!)。
 もうここからは今回の話の最高シーンですよ!
 例え歌手になれなくても、やるだけのことをやったなら後悔しない、と言う杉田さんに念を押す中村先生、それにしっかりと答える彼女。
 そんな杉田さんを愛しげに見る中村先生、歌に惹きつけられたかつての自分を思い出す中村先生、そして「必ず歌手になって下さい……僕のためにも」から「いえ……応援しています」までの泣きそうになるのを堪えるような表情の中村先生。この草なぎ剛って人は、本当にいい表情しますな。
 私的にはこの屋上シーンに感動しすぎたせいで、最後のキスシーンの頃にはちょっと脱力気味で、なんかもう「秀雄さん良かったねえ」、と親戚のおばちゃんモードで観戦する始末ですよ。
 それだけに来週のあらすじを読むと「な、なにぃ!?」とおばちゃんモードのまま(おばちゃんは「なにぃ!?」とは言わないだろ)気を揉んでいます。
 いやあ、いいドラマだ、まったく。

 どうでもいい小ネタ。
 第二話「読まなかった本」の問題の本のカバーは神保町の東京堂書店のもの。
 三省堂の裏手辺りにある本屋さんです(って他にも支店があるかもしれんが)。
 
 

| 感想いろいろ | 01:09 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< 口笛はなぜ? | main | いきなり徹夜かよ(泣。 >>

[-]スポンサーサイト
| - | 01:09 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/21