いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[感想いろいろ]口笛はなぜ?
♪遠くまで聞こえるの。じゃなくて、

口笛って何でちゃんと音楽が吹けるんですか?




さっき洗い物しながらピーヒャラやってたんですが(夜に口笛吹くと蛇が来る、
という話はさておき)、音程が変わる物理的な仕組み、というのは何となくわ
かります。息の通る穴を小さくすれば高い音が、大きくすれば低い音、おおよ
そこんな感じになってるみたいです。問題は

なんでそれを音楽として組み立てられるのか?



ってことです。
私にはほとんど音楽の素養がないんですが、耳で聞いて覚えただけの曲を勘で
ピアノで弾いてみる(無論一本指で)ってことに挑戦したことは幾度かありま
す。思いっきり勘で弾くので、次の音はこのくらいの高さだろう、と予測して
鍵盤を押さえたら実際は音が高すぎたり低すぎたりする、なんてことの方が多
いのですが、それでも根気よくやっていれば音の順番を覚えてきて単音ながら
少しずつスムーズに弾けるようにはなっていくわけです(ちなみにここでは実
際の音曲とキーが違ってる、とかのことは考慮していません。よその人が聞い
てちゃんと元の曲っぽく聞こえればよしとします)。
つまりそこに至るまでには

1.まず勘で音楽をなぞり鍵盤から音を出してみる。
2.実際に出た音を聞いて自分の覚えている音と違っていたら同じになるまで修正。
3.以下その作業を曲がある程度の長さになるまで(まあだいたいワンコーラス程
  度)繰り返し
4.上記の作業で洗い出した鍵盤の順番を覚えておいて頭から続けて弾く。

の4段階があるわけです(あくまで私の場合ですが)。

ところが口笛の場合、1で最初の一音さえ出れば、2〜3の作業なしですらすらと
一曲吹けてしまうわけで。頭で楽曲を覚えてさえいれば、物理的な制限がない限り
(ものすごく音域の広い曲とかで自分が口笛で出せる音域を外れてでもいない限り)
1→4と瞬時に進むことができる。

この違いはなんなんでしょう?

もちろんピアノを始め、楽器を職業として弾いておられる方はその楽器で1→4の
作業ができると思いますが、そうなるまでにはおそらくかなりの修練を必要とされ
たと思います。
 ですが自分の場合、それほど躍起になって口笛を練習した記憶はないのです。
 私に限らず口笛の吹ける方の中で、毎日唇が腫れるほど練習した、って人はあま
りいないのではないかと思います(職業的口笛吹きの方は除きます)。

 なのにどうしてこうも簡単に音楽が吹けるんでしょう?
 と、ここまで書いてそう言えば鼻歌も1→4の作業でできることに気づきました。
 もしかすると音を「鳴らせる」よりも「覚える」ことの方に重要性があるのかな?

 大変失礼な話で申し訳ないのですが、例えば「音痴」と言われている方が口笛を
吹いた場合、どういう演奏になるのか。その人の歌と同じようにやはり外れた音程
の演奏になるのか、それとも歌と口笛は別なのか。

 そんなことを洗い物をしつつ考えていました。

 


| 感想いろいろ | 00:34 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< やらなかったこと | main | 「僕の生きる道」第五話 >>

[-]スポンサーサイト
| - | 00:34 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/22