いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[その他のゲーム]塊魂〜♪
 以前の日記でも書きましたがFF11とモンスターハンターの隙間に彗星のごとく現れて私のハートを鷲掴みにしたこのゲームについてでございます。

 
 CMでもやっていますがこのゲーム、基本的には玉を転がして物をくっつけ巻き込んで大きくしていく、それだけです。
 それのどこが面白いんだよ!? と思われるかもしれませんが、これのすごいところは

 目に見える物すべてをいずれは巻き込むことが出来る
  
 ってこと。「いずれは」とあるのは、玉が小さいうちはやはり身の丈に合った物しかくっつけられないため。最初の面なんかは玉の直径が5cmくらいなので、くっつけられる物もサイコロや画鋲、キャラメル、麻雀稗といった小物ばかり。自分よりでかい物に当たるとはじき返され、当たりが強すぎると衝撃で今まで巻き込んだ物を落としてしまったりも。
 ですがだんだん玉が大きくなってくると巻き込める物もそれに沿ってグレードアップしていき、最初の頃は足元をくぐり抜けたりしていたテーブルを巻き込み、更にはそのテーブルの置いてあった家を巻き込み、更に更にその家の建っていた島を巻き込み、果ては空に浮かんでいる雲も巻き込み、とド派手に発展していきます。

 そもそもなぜ玉を転がさねばならなくなったかというと、主人公のパパである王様が酔っぱらって暴れた挙げ句宇宙の星々を壊しまくった尻拭いで星を作らなくてはならなくなったからなんですが、この元凶たる王様がまあ悪びれもせずに「(酔っぱらって)気持ちよかった」とか抜かしやがります。出来た星の大きさ判定も王様がやってくれるのですが、目標に満たない大きさの玉なんか作っていこうものなら実に辛辣なお言葉で責めてくださる。主人公は「元はと言えばお前のせいだろ!」という言葉をグッとこらえて日々玉転がしに精を出す、と言った感じ。

 このゲーム、なんと言ってもステージ後半の、車や家が巻き込めるようになった時の爽快感がたまりません。破壊してるのとも違い(実際にはそれと変わりないけど)、地面からはがされた家が丸ごと玉にくっついてきたときのキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! の感じがすばらしすぎます。あと木々の密集した森を根こそぎはがして丸めたりとかもう笑いが止まらない。
 なんか久々に私の中での大ヒット作となったゲームでした。

 ちなみに調子に乗ってやりこんでいたらとうとうアナログコントローラが壊れました。FFやろうとしたらコントローラ触ってないのに一定方向にスティックが入りっぱなしになってしまい、ずっとキャラが前進し続けたりしてうまく動けなくなってたw。
 
 

| その他のゲーム | 13:37 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< 2004年4月のいとこい師匠。 | main | リアルが。 >>

[-]スポンサーサイト
| - | 13:37 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/238