いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[FF11]いとこい師匠、ソロでランク3を目指す(前編)。
 デジョンも取れたところで黒の修行はひと段落。そのころには心の友Bagoonとの金稼ぎも功を奏し、無事にケアル3とレイズを取得。そろそろレベル30が見えてきたのに伴い、ランク3昇進へと本格的に取り組むことにしました。


 ミッション「白き書」はつつがなく終了、いよいよ三国を回るミッションに入ります。前世ではサンドリア→バストゥークと回ったので、今回は趣向を変えてバスから回ってドラゴン退治はサンドで行う事にしました。バスのミッション先であるパルブロ鉱山は前世に何度も金を稼ぎに来た(あんまり誉められたことじゃないんですけどレベル30前後の頃に人気のない時間帯を狙って練習相手にならないクゥダフを鬼のようにリンクさせ、両手棍のWSアースクラッシャーで一気に倒すってことをやってアイテムを集めていた事が・・・その頃は敵の攻撃が当たるだけでかなりTPが増えていたんで300%貯めるのも容易く、だからこそ私でもそんなことが出来たのですが)ので、楽勝でクリア。いよいよサンドでドラゴン退治と相成ったわけですが。

【前キャラの思い出】
 前キャラの時は、実はそこでドラゴン退治があるって知らなかったんですよ。ドラゴンを倒さなきゃいけないのは知ってたんですが、ミッションの順番として
  1.サンドリアのユグホトでオーク退治
  2.バスでなんかする
  3.その後にドラゴン退治
 という三段階があるのだろう、と思っていて、なのでバスでドラゴン退治の募集かけてるShoutを聞いても、自分にはまだ早い、と思って名乗りを上げなかったのです。
 で、ドラゴン退治はソロでは絶対無理としてもその前まではソロで行けるかな?と思って鉱山内を一人でうろついていたのですがどうにもよくわからない。地図の右下になにやら焦げてるような場所があってどうみても怪しいのですが、その辺りには当時の私のレベルでは「楽」のクゥダフがうろついていて迂闊に入れない。どうしたものかと考えているうちにそいつらに絡まれてしまい、死ぬかしらんと思ったところで近くにいた高レベルの方が助けてくださいました。
 お礼のついでに「この先が『三国を回れ』のバスのミッションで行くとこですか?」と伺うと、そうだという返事。おお、やっぱ場所合ってるんだ、と思ってどんどん進んでいこうとすると、その助けてくださった方があわてて止めてくるので「?」と思ってよく聞けば、なんとここがドラゴンとの決戦会場だというじゃないですか!そこで初めて2と3が一緒になっていることを知って、そういうことならドラゴン退治のshoutに応募しとくんだった(つД`)仕方ない、今日は帰ろう、とバスに戻ろうとするとまたもや引き留められる。
 なんとその方曰く「せっかくここまで来たんだし、自分と知り合いが手伝うから倒しちゃいましょ」と言ってくださったんです。そんな見ず知らずの方に手伝って頂くなんて申し訳ない、と最初はご辞退申し上げたのですが、この日を逃すと次いつ入れるかわからない、という自分の都合もあり、ご厚意に甘えてお手伝い(というかそちらの方が主戦力になるのは間違いないのですが)頂く事に。その方の知り合いの暗黒騎士50(当時はこれが最高レベル)の方が飛行船で駆け付けてくださり、更にその知り合いのジョブ不明(anonしておられたので)の方と最初に自分を助けてくださった方の三人が手伝ってくださることになりました。
 当時は25レベル上限が存在しなかったので暗黒50氏のフルパワーがそのままドラゴンに襲いかかり、私が武器を構える暇もほとんどないままいとも簡単にドラゴン退治は終了。あのときは本当にありがたかったです。見知らぬ方の親切が本当に身に染みました。そしてまた今回、同じように見知らぬ方のご厚意を頂く事になろうとは……。


| FF11 | 07:31 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< いとこい師匠、名前のおかげで楽しい声を掛けてもらえる。 | main | いとこい師匠、ソロでランク3を目指す(後編)。 >>

[-]スポンサーサイト
| - | 07:31 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/28