いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[FF11]ボルグヘルツの某。
 株式会社リ−メントは私を破産させる気かw! これこれを同じ時期に発売するなんて鬼だ(つд∩) くうう、フルコンプできるかな・・・。


 さて、何事もなかったように本題へ移ります。タイトルのクエを受けてAF取りにいそしんでいる今日この頃ですが、これにまつわる他のAFを取るのに必要なコッファーの鍵は偶然レベル上げの途中に手に入れていたものの、肝心の古びた小手を入手するための鍵は未だ拝んだ事すらない始末。ちなみに白魔道士の古びた小手の入手先はベドー。こんなところミッション以外では足を踏み入れた事もなかったよう。まあこれで取れるAFはレベル60〜の装備なのでもう少し後になってから考えればいいや、と思っていたのですが、同じLSの方の鍵取り&コッファー開けに行くツアーが開催される、という話を聞きつけ、そのツアーがスキル上げも兼ねているとのことだったので参加致しました(無論うまくすれば自分の分の鍵も手に入らないかしらん、という都合のいい事を考えていたのは言うまでもありません)。
 とはいっても仕事などで遅くなってしまい、ログインできたのは結構深い時間になってから。ちょうど同じ頃にツアーに参加されるLSのY氏と一緒に早速コンシュタットにひとっ飛び。
 むう、そもそもベドーってどこにあるんだっけ? パシュハウ沼から入ったような記憶はあるけど・・・ていうか私この歳になっても素でベドーとダボイをよく勘違いしちゃうんだよなあ、どっちもカタカナ三文字の名前だし(というか「カタカナ三文字」とクゥダフがいる、言う事以外にはなんら共通点はないわけだが)、と右往左往している私をてきぱきとご案内下さるY氏。ベドーに入ってからも、やまびこ薬を忘れた私にサイレナをかけて下さったりと大変お世話になりました。
  
 先発隊と合流すると、既に必要な鍵は無事入手済み、あとはコッファーが湧くのを待つだけ、そしてその間にスキル上げをしていらしたご様子。さっそく一緒になってぼこぼこ叩かせて頂きます。うむう、やはり片手棍150代ではコッファーが湧くあたりの敵だとなかなか上がらない。てなことをしているうちに、なんと鍵が出ました! うう、虫がいいとは思いつつ、頂けませんか? とお願いしてもらうことができました。ありがたい;; 鍵さえあれば別の日に一人で住み込んでコッファー探す事ができるので、本当にありがたい;; 

 しばらく敵を殴りまくっているうちに、気づけばコッファーの湧く時間、今回の鍵取りツアーの主役であるC氏がコッファーを探しに行かれます。しばらくして首尾よく古びた籠手を入手、との報告が。おおお、おめでとうございます! 私も今度来たときがんばろう、と決意を新たにスキル上げに励む内に、あれ・・・気がつけば再びコッファーの湧く時間ですよ? てへへ、次の予行演習も兼ねて探しに行ってみようかな? LSの皆さんの助言やネットの地図をたよりに探索開始。ひー、私にとってはおにつよの敵ばかりの中をスニークかけてドキドキもので移動。ここにもない、ここにもない、と一カ所一カ所虱潰しに探しておりますと、LSの方より「あったよー」の声が。 ここと同じことがまたしても! ありがたやありがたや。さっそく近づいてパカッ! 無事古びた籠手GET、って、きゃー! クゥダフにボコボコにされてる(つд∩) !!!! 
 もちろん死にますた。
 LSの皆様に呆れられながらレイズ2を頂き生還。最後までご迷惑をかけてすみませんでした。

 ・・・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・。

 うう、やはり恥さらしついでに白状してしまおう。実は私、
 宝箱を開けるとMGS魔法が「すべて」切れる、ってことを知らなかったんですよ(恥)
 や、もちろんインビジをしている場合はそのまま開けようとすると「姿を消したままだと開けらんないよー」とメッセージが出るので切らないとだめだってのは理解していたんですが、スニークは何も言われないので自分で切る必要もないんだろう(=切れる事もないんだろう)、と思っていたわけです。なので周りに屈強なクゥダフが(しかも二匹も!)いたにもかかわらず無造作に開けてしまって惨事を招いたわけですが・・・。

 よくMGS魔法ってひとまとめに言われる、インビジ、スニーク、デオードですが、インビジとその他の二種の魔法はちょっと重みが違うようですね。インビジがかかっている上にスニークやデオードをかけると強制的にインビジは切れちゃうけど、逆は大丈夫だという。だからインビジとスニークが必要な敵のいるところでの探索とか面倒くさいんですよね^^;インビジはまだ持ちそうなのに、スニークが切れると結局どっちもかけなおさないといけない、という。
 
 とにもかくにもまたひとつ勉強になりました(気づくのおせーよ!)

 LSの皆様、ありがとうございました。


| FF11 | 02:45 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< ご冥福をお祈りいたします。 | main | 2003年10月のいとこい師匠 >>

[-]スポンサーサイト
| - | 02:45 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/284