いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[FF11]木が森に隠れていて死者多数。
 クロウラーの巣入口近くで食材集めをしていたときの事。
 入口へ向かって走っていく人、そしてその後ろをナウシカの王蟲のごとく追いかけていく芋虫。むう7匹くらいの大トレイン。

 ん?(゜Д゜)


 気のせいじゃなければなんか一匹名前にSがついた奴がいたような?

 うへえ、ソルジャーが一匹まじっとる!

 あわてて入口まで行ってみるとトレインの張本人は逃げおおせたか死んだかわかりませんが既に姿がなく、団子状になった芋虫がいるばかり。

 う、あれやばいな・・・私はあの中にソルジャーがいるのを知ってるけど(ていうかもうさすがにソルジャーにも絡まれないけど)、後から来た人はただのワーカーの群れだと思って普通に歩いてきちゃうんじゃ・・・。
 
 危惧した通り外へ出ようとする人、巣へ入ってこようとする人がガンガン死んでる(つд∩) 
 最初にソルジャーに絡まれて、そこへわらわらとワーカーが群がってほとんどの人がおそらく何が起きたかわからないまま倒れているようでした。
 
 私も一匹ずつなら倒せそうなんですが、さすがにソルジャー一匹+ワーカー六匹をいっぺんに相手にしたら死にそう。

 ていうか死にましたw

 なんとか掃除しようと群れを離れた奴を一匹ずつ倒していったのですが、三匹目でリンクしたwww
 MPが半分以下しかなかったことも相まって、地に伏しちゃったよ。

 仕方ないのでジュノへ帰って再度クロ巣へ。

 芋虫は相変わらず入口近くに固まっているので倒すに倒せないし。人は相変わらず死んでるし。
 私もなるべく入口近くに陣取って入ってくる人に「【気をつけてください】(その時は海外の人が多い時間だったので)」と声をかけてソルジャーを指さすのが精一杯。
 それでも私もすべての人を見張ってるわけにもいかず、その後も何度も人が絡まれては入口に逃げるのでいつまでたってもソルジャーが奥にもどらん。
 
 シャウトで入口のソルジャー倒すの手伝ってもらえませんか? と聞いてみるも反応なし。
 
 こんちくしょうめ(゜Д゜)! こうなりゃ私が三回くらい死んで二匹くらいずつ倒せばいいのか!
 なんか目の前で何度も人が死んでいくとヤケになっちゃってこんな気持ちで芋虫の群れに突っ込もうかどうしようか迷ってたとき、また一人、ガルカモンクが。

 思わずsayで「wait」と言った後、サチコメ見たら日本語のわかる人だったので事情を説明して危険だという事をお知らせ。
 その途中にも私が事情を説明しきれなかった外国の方が進んで行っちゃってバタバタ倒れているし。
 
 それを見て事態を憂いてくださったガルモさんが本職に着替えて戻ってきてくださる事に。しかも「このレベル(巣でレベル上げするくらいの)ならすぐ取り戻せるんで」とモンクで死んでまで;;

 今強い助っ人が来るからもうちょっと待ってね、と入口近くで奥に行こうにも行けない冒険者さん(クロ巣でレベル上げするくらいの)達に説明・・・できねえw英語では。
 そしたらその冒険者さん達が芋虫に突っ込んでしまった(((( ;゜д゜)))!

 もうこうなりゃそれを手助けするしか方法がない。ディアガで戦闘状態になってない芋虫だけでもこっちに引きつけて戦闘に参加。
 その間にもジュノに帰ったガルモさんにtellで状況説明。

 結局瀕死になりながらどうにかこうにかやっつけました。

 本職の暗黒騎士になって戻ってきてくださったガルモさんには本当に申し訳ない事をしちゃった(´・ω・`)
 せめてものお詫びにバスに行かれるというガルモさんをテレポでデムまでお送りしました。
 
 あのときのかわいらしい名前のガルモさん本当にすみませんでした。
 でもあのとき日本語で相談できる方がいて、すごく心強かったです。
 

| FF11 | 08:01 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< ハイクォリティの名において疎まれる物たち。 | main | 緊急調査! 指定生産品クエ(調理)で少しでも泣かないために。 >>

[-]スポンサーサイト
| - | 08:01 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/304