いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[FF11]いとこい師匠ソロでランク2をを目指す。
 だって、せめてランクになんないと戦績アイテムが引き換えられないんだもん。ガードにクリスタルを貢いでミッションポイントを稼ぐのも出来ないし。


 てなわけで、無事にちまちまとレベルがあがったのでここらで一気にミッションをクリアしていくことにしました。
 場所とかコツは前世の記憶が知ってるんで、アジマル親方と妹さんの兄妹喧嘩見ーの、魔法球に魔法力詰めーの、ヤグたんに飲み食いの品届けーの、と順調に行くはずがギデアスに入ってはっと気づく。

「ギデアスの地図持ってねえ・・・」

 前キャラがほぼすべての地図を持っていたので、ついうっかり地図を買ってくるのをわすれてしまっていたのでした。

【前キャラの思い出】
 実は前キャラも初めてギデアスにきたとき地図を持たずに入ってしまったのでした。そのときはミッションとか関係なく、ただ西サルタの端のほうになんか怪しい道があるけどこれは?と思って進んだらギデアスに入ってしまい、そのときはまさか地図が別だとは思わずにどんどん奥まで行ってしまい、地図を開こうとして初めて気づく始末。当然完璧迷子。一応ダンジョンワンダリングの基本として、迷ったときは右か左の壁に手を当てて常にそれに沿って歩けばいつか出口にたどり着く、ってのを実践してみたんですが、敵と戦ったりしてるうちに自分がどっち向いてたのがわかんなくなる始末。結局通りがかりの見ず知らずのエルヴァーンの女性に恥ずかしながら訳を話して外に連れ出してもらったのでした。それ以来、「なにをおいてもとにかく地図は買う!」を肝に銘じていたはずだったのですが・・・。


 前世の記憶で確か大きく分けて二手に分かれてるんだったよな、それぞれに献上先のヤグが一匹ずついて、と思い出しながら歩いて、とりあえず食料のほうは無事に献上成功。おお、これなら楽勝じゃん?と思ったらそれからが大変、何度歩いても同じヤグのとこにしか行けやしねえ。そういえば横道とかあったよなあ、とか思いながらぐるぐる歩いているうちに、最後は丁度とおなつよのヤグ二匹がリンクし、いとこい師匠はあっけなくギデアスの露と消える羽目に。
 無論、その後町に戻ったのを幸いと速攻で地図買ってクリアし、晴れてランク2になりました。

| FF11 | 16:15 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< いとこい師匠ウィンダスに立つ! | main | いとこい師匠ブブリムに慟哭す。 >>

[-]スポンサーサイト
| - | 16:15 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/37