いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[FF11]FF11再度参戦す!!
タイトル通り、再度参戦でございます。もともと去年の7月くらいからやっていたのですが、諸所の都合でいったん解約したものを、昨今のジラートの発売情報を聞きつけるにつれやっぱしまたやりたくなっちまいまして、再びヴァナ=ディールに降り立つこととなりました。


 ちなみに参考までに前回のキャラはどこまで行ってたのかと言いますとこんな感じでした。

 タルタル(女) 所属国:ウィンダス ミッションランク:3
         白31(本職)、黒26、赤23その他もろもろ10くらい、エクストラジョブ:ナイト以外入手済み

 ここまであげたのを解約するのはそりゃ辛いもんがあったんですが、まあいろいろありまして。
 で、此度の冒険ですが、私は基本的に器用な方ではないんでやっぱ慣れた種族と職業の方がいいかな?と思いまして、またしてもタルの白魔で始めることに。そしてタルといったらやはりウィンダスだろう、と言うことで所属も前と同じにしました。でもせっかく新しく始めるんだから何か少し変えるかと思い、今回は男の子(いや、「子」じゃないとは思うんですけど、どうしてもタルタルのあの容姿なんで「子」とつけたくなる)でやることにしました。
 さて悩んだのはネーミングです。前回のときはキャラ名はほかのRPGをやるときに女の子につける名前をつけたのですが、その後発行されたヴァナ=ディールトリビューン紙にEmanritan氏による「ヒマつぶし 名前講座」にて各種族の名前の付け方みたいのが発表されまして、それによるとタル男子はAjido-MarjidoとかKaraha-Baruhaみたいに「前半分と後ろ半分で韻を踏んでるんです。これは、大昔に使われていたタルタル独自の呪文の名残だとも伝えられてます」(トリビューン、Emanritan氏の記事による)とのこと。んじゃせっかくこの世界にいるんだし、今回は世界観に沿った名前にしようじゃないの、ということに。韻を踏んだ名前、韻を踏んだ名前としばし考えた結果。

 命名:Itosykoisy(いとし=こいし)

 恐れ多いとは思いましたが著名な上方漫才の「夢路いとし・喜味こいし」両師匠のお名前から頂いてしまいました。
 他の候補としてTenyawanya(てんやわんや)、Pytikpatik(ピーチクパーチク)、Obonekobone(おぼんこぼん)もあったんですが(だからなんで全部漫才コンビの名前?)いとこい師匠の魅力には敵わず。本当はItosyとkoisyの間にハイフンとか入れたかったんですが、入力できないようだったのでしかたなくひと続きでいれる羽目に。なのでぱっと見よくわからない名前になっちまいましたがまあこれはこれでよし。始まりの文字も「I」なんでサーチするときも真ん中あたりに出てくるからちょうどいい塩梅でしょう(前回のキャラは名前の始まりが「A」だったので、いっつもサーチの1ページ目に表示されててなんかちょっと恥ずかしかったし)。


| FF11 | 16:06 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< ご無沙汰しております | main | いとこい師匠ウィンダスに立つ! >>

[-]スポンサーサイト
| - | 16:06 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/39