いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[感想いろいろ]「僕の生きる道」第八話
 「あまりにも素敵で、でもやっぱり悲しい」


 今回の内容は麗子先生のこの一言に尽きるかと。娘の結婚が決まってうきうきしている理事長に真実を告げるみどり先生。この二人の会話が、台所で始まったってこともあるかもしれないですがそのまま台所に椅子を置いて続いているのがいいなあ、と思いました。こういうこと実際にもよくありますよね、話に興が乗ってその場所に腰を落ち着けて喋り続けちゃう、なんてことが。もちろん理事長とみどり先生の場合は興が乗ったとかではないんですけど、場所を(リビングにさえ)移す余裕もないほど重要な話だった、でも決して短く済む話ではないのでその場に座って話す、という感じが良く出てるなあ、と思いました。「死ぬとわかっている男は彼だけじゃない」というみどり先生の言葉。確かに人はみんな死ぬ、ということは頭ではわかるんですが、やっぱりそれは10ヶ月後ではなくて、いつかわからない遠い日のことにしといてほしい理事長の気持ちもわかります。それを差別と言うのはあまりにも酷だ。ましてや自分も妻を先に亡くしているし、娘に同じ思いをさせたくないだろうしねえ。

 そんな反対にもめげずみどり先生は家を出て中村先生の所へ。あの殺風景な中村先生の部屋がみるみるうちに明るい雰囲気になっていくw。しかしみどり先生はあんな大きな家に住んでいたのに、こんな狭い部屋に二人暮らしでも平気なんてすごいな。……でもほんとなら中村先生も結婚してまであそこに住むつもりはなかったろうしね。マイホームを得るための本とか買ってた人だもん、貯金も頭金なら軽く払えるほど貯めてたし。すべては残り少ない時間のせいだと考えると切ない。

 しかし受験のストレス発散のために合唱ってのはどうなんだろう?杉田さんみたいにもともと歌が好きな人にとってはいいかもしれないが(というか彼女は受験しないので受験のストレスはないわけだが)、その他の人にとってはなかなか……ってとこかなと思います。それに高校生くらいの年頃っていうのはなかなか合唱とかにまじめに取り組んでくれないんだよねえ、特に男子は(高校時代、合唱祭実行委員長を経験しての実感。合唱部の友人も「男子の入り手がなくて混声合唱できないよヽ(`Д´)ノ」とぼやいていた)。しかも胡散臭い(失礼。でもこれまではそんな主張する人じゃなかったわけだし)中村先生のお誘いだし。もちろん中村先生は「全員何が何でもこい!」というつもりじゃなくて受験勉強以外の「何か」をすることでストレスを発散したほうがいいと思い、それについて過去の自分の夢であった歌の方面からアプローチしていってるってことはわかりますけども(勉強以外の何かで発散、と言ったって盗撮しちゃいかんぞ(゚Д゚ )ゴルァ!!)。

 結局合唱と言うよりは杉田さんの独唱という形で始まったこの集まりも盗撮小僧(あんまりな呼び名ですみません)の田中くんが加わって一応は合唱の形になりかけてきました。来週の予告見ると参加人数も更に増えるみたいだけどどういういきさつで集まるのかなあ。

 さて今回のステキ映像はもうあの螺旋階段大活躍、というかもう第五話の時もあそこを駆け上がる中村先生とみどり先生の映像がいいなあ、と思っていたのですが今回もよかった。歌いにいこうかどうしようか迷ってる田中くんの見上げる螺旋階段の上から杉田さんの歌声が聞こえてくるシーン、すごいいいと思いました。杉田さんがすごくうまいってんじゃないのがまたいい。ここでのすごいうまいってのはオペラの歌声みたいな荘厳な感じって意味で書いてます。そうじゃなくて普通の女の子が歌ってる、って感じがすごくよかった。彼女の歌声にのって螺旋階段を見上げる映像がゆっくり回りながら上昇していくとこは、歌詞の内容もそのシーン自体もなんにもそんなこといってないのに、やっぱり見ている私が中村先生の運命のことを知ってるからでしょうか、どうしても昇天のイメージを重ねてしまいました。不謹慎ですみません。

 おおう、そんなこと書いてる内にもう3月、サントラの発売もすぐそこです。
 私は上記でも書いた第五話の螺旋階段のシーンに流れていたちょっと悲しいワルツがすごくお気に入りなので買い決定っす。買いに行く時間ないからamazonで頼むかな……

| 感想いろいろ | 03:59 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< 時間の取り方 | main | 面白くなってきた! >>

[-]スポンサーサイト
| - | 03:59 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/43