いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[FF11]久々のゲルスバ天国、そして別口でなめし革半グロス。
 炎クリ高いよ!
 と、いうわけでものすごく久しぶりにゲルスバ天国に出陣。


 ジョブは詩15/白7。相変わらず人が多くて獲物の取り合いになりがちなゲル天ですが、ちょいと人の来ない穴場を見つけたのでそこに籠もってひたすら楽の敵をしばきます。
 やってみて気づいたのですが、低レベルの詩人って持てる盾がないんですねえ。知らんかったよ。炎クリを少しでも拾う確率を上げようとウィンダス礼服を着て出かけていたのでものすごい薄い装甲になっちゃってましたがピーアンとミンネでなんとか乗り切り、一度も死ぬことなく詩16にレベルアップ。倉庫で半年ほど眠りっぱなしだった魔物のララバイをやっと覚えることが出来ました。炎クリも5ダース程入手してほくほく(´∀`)。

 さて倉庫を覗くと闇クリがいつのまにかすごい溜まってる。んでもってギデアスの採集のおかげでウィンダス茶葉も凄まじく残っている。このふたつから導き出される使い道はただ一つ、

 なめし革を作れ。

 しかしいとこいさんの革細工のスキルはわずか6、作れるのは大羊のなめし革一択となります。チョコボ掘り(最近ちまちまとやってみている)のついでにジャグナーで羊を倒してみるもののなかなか大羊の毛皮は落とさない。LSでそのことを言いますと、ちょうどいらしてた革屋氏より「某所の奥の羊を倒せばよい」とのご助言を頂きました。さすが革のことは革屋に聞け、ですな。さっそく材料を6ダース分持って白73/シ15(トレハンのため)で某所に赴きますとこれがもう嘘のように毛皮落ちまくり、大羊の肉なんざ鞄から溢れんばかりにたくさん取れました。
 毛皮は取れる端からがんがんなめしまくって無事に半グロスのなめし革の出来上がり。うちのサーバは今大羊のなめし革が一枚1500するので一瞬売ってしまおうかと心が揺らぎましたがここは我慢して革細工を上げるためレザーグローブを作ります。作成→分解を繰り返してようやく革細工が8に上がって見習いとなりました。
 これで合成で素人なのは鍛冶と彫金のみ。この二つは主に炎クリを使うので調理とぶつかってしまい、ずっとやってなかったのでこの体たらくです。

 どうせ仕事で平日は早い時間にログインできないし、しばらくは合成やチョコボ掘りに力を入れていくことにするかなあ。

| FF11 | 05:35 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< 特捜戦隊デカレンジャー第49話「デビルズ・デカベース」。 | main | ブロガー仲間の宴in サルタバルタ。 >>

[-]スポンサーサイト
| - | 05:35 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/445