いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[FF11]おいら、やってやったぜ!(ほぼ他力本願だけど)
 いよいよやってきました、ランク5へと華麗なるステップアップをする日が!(大げさ)


 26日は会社に出なければならないかも、という懸念もあったのですが、先週もいきなり前日に出てくれと言われて泣く泣くFFを諦めたので、今週は何をおいても休んじゃる! と意気込んで強引に休みを勝ち取って参りましたよ(ダメ社員)。
 ほんとはなんとか1レベルでもメインを上げて、皆様の足手まといにならないようにしないといけなかったのですが、うまく時間が取れなくて結局白36/黒18のまま臨むことに。決行時間は21時(地球時間)、集合はジュノ、ル・ルデ噴水前。主役となるランク4の面々はもちろん、お手伝い下さるLSの強豪の方々も続々と集まっていらっしゃいます。
 基本的な予定としては

 【26日】
   ・ダボイ特攻 絡まる敵は皆殺し
   ・ベドー猛攻 魔晶石を取るために必要なアイテムを必要な人数分入手&絡まる敵は皆殺し

 【27日】
   ・オズトロヤ突入 絡まる敵は皆殺し

という形になっていました。
 実はダボイは以前ここで単独襲撃を試みて魔晶石を手中に収めてはいるのですが、こんな大イベントに頭っから参加しない手はないし、もちろんまだ石を取ってない方のお手伝いもしたいし(いや塔登りの時と同じで単に足手まといだと思うが?)それにあわよくばナイトのクエも一緒に済ませられないかな? などと虫のいい事も考えて最初から参加しました(この最後の私の欲張りが、後でとんでもない事態を引き起こしてしまうのですが)。
 まずはダボイ、目的の魔晶石取りは屈強な先輩方の助けのおかげで無事終了。ここですぐにベドーに向かっていればよかったものを、馬鹿な私が「ナイトクエの場所ってここから遠いですか?」などとずうずうしくもお願いしてしまい、LSの皆様方にクエの場所を案内して頂くことに。ところがなぜか途中の川におそろしく強いオークが! 一緒に行った下さったLSの方々の中にはLv58の方もいらしたのですが、その方達から見てもとてとてだったそうです((((;゚Д゚)))。 普段はそんなとこにいないような奴らしいんですが、とにかくそのまま戦闘に突入するものの、私ごときの攻撃では全く歯が立たず、申し訳なくも後ろに下がったのですが・・・あ、あれ? なんかどんどんHPが赤く・・・

 きゅう⊂⌒~⊃。Д。)⊃ 。

 なんか後ろにもう一匹別なオークが湧いていたみたいでした。他の皆様はエスケプで無事に退避できたのでよかったのですが、問題は川の中に転がったままの私をどうするか、ということ。さっきのとてとてオークもまだうろついているし、HPに戻る事も考えたのですが、結局はレイズをしてくださるというLSの皆様のご厚意に甘えさせていただくことに。その後もトラクタで死体を川の上まで動かして貰ったり(実はこのときトラクタ初体験でちょっとドキドキしました>ってそんな場合じゃないだろ)、助けに来てくださった方のお一人が川に落ちてしまわれたりと、ほんとに申し訳ない事をしてしまいました。うえーん、またしてもみんなの足を引っ張っちゃったよう(つД`)おいらがナイトクエに余計な色気を出さなけりゃ、すぱーんとベドーに行けていたのに、すみませんでした。

 レイズ後の衰弱が終わった後、助けに来てくださった皆さんと一緒にベドーに向かいました。こっそり鍛え上げたカオスブリンガーを持参して無事に暗黒騎士もゲットしつつ、先に着いていた他の皆さんと再び合流。石を取るのに必要なアイテムを落とすクゥダフがPOPするのを待つ間に、スキル上げも兼ねて雑魚(私から見ればとてとてですけれども)を倒したら宝箱の鍵が出たり、運良くすぐ近くで見つかった箱を開けたらアデプトロープ(防3 HP+8 MP+8 Lv42〜)が出たりという一幕も。さすがにおいらもこれ以上皆さんの足は引っ張れないので慎重に事を進め、無事にクゥダフのト占甲とクゥダフの呪符を入手する事に成功致しました。これはジュノに持ち帰って天晶堂でそれぞれ別のアイテムに引き替えて貰ってからでないと役に立たないので、ベドーでの作業は一旦ここでおしまい。

 さて本来なら明日の予定のはずだったオズトロヤ突入、LSの皆さんのご厚意でこのまま続けて決行と相成りました。以前一人で来た時は、途中の扉が「手が届かない」と表示されてどうしても開けられなかったのですが(なんかバグらしいですが)、今回は心強い皆様のおかげで無事に通る事が出来ました。後はひたすらヤグードを殴る! 殴る! 殴る! 落とした宝物はすかさずロット! わお、なぜか手裏剣系のロットばかりがすごく高くて、手裏剣一枚と十字手裏剣一枚が手元にやってきました。・・・でも私まだ忍者取ってないんですけど(´・ω・`) 途中ランクアップ対象の面々の一人がヤグードの松明を持ってきていなかった、というハプニングが発生し、申し訳なくも松明を持った面々だけで先に進み、無事に魔晶石ゲット!(ほんとはここで切ないイベントがあるんだけれど・・・ネタバレになるので書かないでおきます) 

 その後一旦ジュノへと戻り、ベドーで入手したアイテムを引き替えて再びとって返してベドーの石もゲット!三つ揃った魔晶石を「無能(ジュノ競売の手数料を何とかしない限りカムラナート大公はこの日記の中でずっとこう呼ばれます)」の鼻っ柱に叩きつけて、飛行船パス強奪! 「無能」の弟がなにやら意味ありげなことを言ってるようだが(゚ε゚)キニシナイ!!

 ・・・長かった、長かったよう(つД`)ついにおいらもあこがれの飛空挺乗りになれたよう。

 せっかくなのでこいつで故郷ウィンダスに凱旋することにしました。狩人クエも終わらせたかったし、魔法も買いたかったので。
 今まで入れなかった飛空挺乗り場も、大手を振って入場できる身分となり・・・って目の前で飛空挺行っちゃったよ! ま、でもどうせ程なく次のが来るやね。うう、しかしいつでも一律200Gというのはありがたいなあ。チョコボなんて酷い時は1000G越えてたりするから貧乏人の身にはほんとに辛かったのです。これで三国との行き来もずいぶん楽になってほんとに嬉しいです。
 さて実際に飛空挺に乗った感想は

 はっはっは! 見ろ、人がゴミのようだ!うわー、ほんとに飛んでるよ!


 いやマジで人なんか見えないほど高空を飛んでいます。ウィンに近づくとちゃんと星の大樹が見えてきたりしてちょっと感慨深かったです。

このSSだとちょっとわかりづらいですが星の大樹が見えるでしょうか?

地球時間にしてほんの3分ほどでウィンに着いてしまうんですね。初飛空挺の感慨もさめやらぬまま、ウィンダスに降り立った私でした。

 魔晶石をとるのを手伝ってくださったLSの皆さん、そして一緒にランク5に上がった皆さん、ほんとうにありがとうございました。


| FF11 | 06:33 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< いとこい師匠、塔登りのお手伝いをする(偉そうに) | main | いとこい師匠、忍者修行にでかける? >>

[-]スポンサーサイト
| - | 06:33 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/45