いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[大航海時代online]転職流転。
 ひー、絨毯爆撃投資を繰り返していたら凄まじい勢いでお金がなくなっ(ry)。


 ……ま、まあいい、わかっててやったことだし。しかし正装度が足りないせいで投資を持ちかけるたびに香水を振り掛けないといけないのにはいささか閉口気味。もうちょい正装が上がる服はないものかしら、と思案しつつ香水が切れたのでパルマあたりに買出しにでかけ、ついでに潮風で壊れたターバンを買い直し。
 ちょうどその時、商会チャットで船の大砲の話が出ていていろいろ知識が深まる。そういえば愛船「俺の塩六代目」丸は砲台が二つ、計10門まで砲を載せることができるんだけど、ちょうどいい数の砲が見つからなかったので、先代の船に載せてたカルヴァリン砲4門×2を引き続き据え付けて使用。2門分が空いたまんまになっててちょっともったいないんだよねえ。という話をしていたら商会メンより名匠ファルコン砲6門を譲っていただけることになり、いそいそとセビリアに受け取りに出向く。
 無事に大砲を譲り受けて喜んでいると、別の商会メンから商人転職クエの紹介依頼があったので、商人ギルドを覗くも掲示なし。自分も東地中海に投資に戻るついでがあったので、艦隊を組んでそちら方面に移動しながら転職クエを探すことにした……のだが、これまであんなに何度も見かけたはずの「商人ギルドの苦闘(だっけ?)クエ」が全然掲示されない! クエを求めてセビリア→マルセイユ→ジェノヴァ→ナポリ→ヴェネツィア→アテネと別のクエもこなしながらひたすら移動し、流れ流れてついにはイスタンブールにまで辿り着いたものの転職クエは影も形もない始末。どうして〜!?
 私は念願のイスタンブールの地を踏めたのでありがたかったのですが、一緒に行ったS氏にはなんとも申し訳ないことをしました。うーん、なんでだろ? 私の交易や会計のレベルが足りないとかなのかなあ。なんか悔しいぞ。今度は北方面で攻めてみましょう>S氏

 艦隊解散後、停戦状の束を命綱にまだ見つけていなかったファマガスタ、ベイルート、カイロ、アレクサンドリア、トリポリを発見に乗り出す。ちょうどタイミングがよかったのかほとんど絡まれずに辿り着くことができました。イスタンブールで購入したピーコックターバンのおかげで変装も正装も上々、香水がなくても投資ができるようになったのがありがたい(頭だけピーコック〜で下はヨーロッパ風なので、見た目はとても変なことになっているのですが)。

 さて、投資で懐が恐ろしくお寒いことになってしまい、サロニカではようやく「旅人の食料なんたら」の保管レシピをもらうこともできたので、ディアス提督に港発見報告して小銭をせびりに一度国に帰るべー、と地中海を戻っていたときのことです。
 ぬうう、海賊に絡まれた! まあ強さはそれほどでもないけど二艘で攻めてくるとは卑怯なリ。とりあえず提督を狙って大砲発射!

 ……あれ?

 今撃ったばっかりなのにすぐに砲撃可能の黄色マークが出てる??

 あ、そうか、名匠ファルコン砲とカルヴァリン砲は弾の装填速度が違うからか。でもこれ、一撃のダメージこそ小さいけど、うまい具合に連射っぽく撃ててなかなか面白いぞ。弾さえたくさん積んでおけばちくちくとダメージ与えていい感じに攻撃できるかも。 
 
 ……それにしても木の実はどこにあるんじゃろうかのう。このままではせっかくの新レシピ&魚肉オンラインで無駄に上がった保管スキル4の使い道が……。
| 大航海時代online | 17:17 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< 乳恋し(エロネタに非ず)。 | main | 死ぬほど大航海(1)。 >>

[-]スポンサーサイト
| - | 17:17 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/465