いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[FF11]石つぶてのメロディ
 金がない!
 毎回そんなことを言っておりますが、とにかく貧乏きわまれりです。古墳の骨相手に戦ってカーズナの必要性を痛感したわたくし、ここはひとつレベルよりも金稼ぎ、と思い一旦ジュノを離れました。


 金稼ぎ、というと私の頭ではパルブロ鉱山でクゥダフ屠りまくり、しか思いつかなかったので、とりあえず思いついた通りにパルブロへ。それとともに、何日か後にLS内で、同じランク4の方々と一緒に「魔晶石を取ってランク5になって飛空挺乗り回そうツアー」(いや、こんな名前ではないですけど)をやることが正式決定いたしましたので、どうせベドーに行くのならついでに暗黒騎士のクエも済ませよう、というのもありましたのでカオスブリンガー受け取りも兼ねておりました。
 パルブロに着いて3階に上がりますと、む、なにやら殺伐とした雰囲気。どうみてもレベル上げとは思えない手錬の冒険者(自分もレベル上げではないですが)が奥の要所要所に立っています。そうか、カザム行きの飛空挺パス入手のためにここの鍵が必要なんでしたね。その争奪戦にはとても立ち入る隙はなさそうだったので(というか端からやる気なし)、関係ないクゥダフを倒して金とアイテムをせしめる事に。付近にレベル上げぽい人がいないのを確かめてから狩り開始。途中宝箱なども見かけましたが、何度そこ通っても誰も開けずにほったらかしになってるのには笑いました(そりゃそうだよな)。そんなことをしてうろうろする間に採掘ポイントなども発見し、掘ってみると出てきたのは石つぶて。もっといいものよこせよ(´・ω・`)ショボーンと思いつつも、折角だから釣りのディア代わりに投げて投てきのスキルでもあげるか、ということで装備。まず第一投目。

・・・♪ぺーぽっぽぺーっぽっぽー ぺーぽーぺーぽーぺぽぽー ぺーぽっぽぺーっぽっぽー ぺーぽーぺーぽーぺぽぽー・・・

 お、誰か近くで笛吹いてるな。とか思いつつ寄ってきたクゥダフは無事成敗。続いて二投目。

・・・♪ぺーぽっぽぺーっぽっぽー ぺーぽーぺーぽーぺぽぽー ぺーぽっぽぺーっぽっぽー ぺーぽーぺーぽーぺぽぽー・・・

 またか。それにしても随分長い演奏だな。フルコーラスじゃん、なに演奏してるんだろ(ピーアンとかレクイエムとかなら曲途中で演奏終わるだろうし)。で第三投目。

・・・♪ぺーぽっぽぺーっぽっぽー ぺーぽーぺーぽーぺぽぽー ぺーぽっぽぺーっぽっぽー ぺーぽーぺーぽーぺぽぽー・・・

 ???なんか随分タイミングが???まさかと思って第四投目。

・・・♪ぺーぽっぽぺーっぽっぽー ぺーぽーぺーぽーぺぽぽー ぺーぽっぽぺーっぽっぽー ぺーぽーぺーぽーぺぽぽー・・・

 ・・・・・・・。もしかしてこの音、

私が石投げるたびに鳴ってないか?

 なんで? だって私白36/黒18だよ? 笛なんて吹けるはずないのに? てかそれよりなにより

なんで投石で笛の音が鳴る?

 それもご丁寧に石投げた後に詩人の歌い上げる仕草(楽器なしで歌ったときのあれです)まで。
 わけもわからず石を投げるも毎回必ずぺぽぺぽ鳴っているので、ちょっと人のいる方に行って、その人たちにも聞こえるのか試してみることにしました。クゥダフを倒すと怒られそうなので、とりあえずウサギに投げてみましたが、特に近所の人の反応はなし。となるとこの音は連携開始合図の<call>みたいに、よその人には聞こえない、という感じなのでしょうか?
 埒が明かないので思い切って誰かに聞いてみることに。鍵取りの殺伐とした方に伺うと、邪魔をするな!とぬっ殺されそうなので、鍵取りとは関係ないと思われる二人組の冒険者の方に伺ってみました。


私   「すみません」
相手の方「はい、なんでしょう?」
私   「今私、笛吹いてました?」
相手の方「!?!?!?!?」

 やばい、このままではただの変な人だよわたしゃ。というわけで事の顛末をお二人に説明したところ、やはり他の方には聞こえていないご様子。念のため二人のうちのお一人に石つぶてを渡して試していただいたのですが、そのような現象は起こらないとのこと。でも残った石つぶてを返してもらって投げたらやっぱり音が鳴るんだよー、なんで???
 ???となりつつも原因は解明されないのでどうしようもない。ゲームに致命的な障害が出るわけでもないのでこのままほっとくしかないだろうしなあ。
 試していただいたお二人にはいきなりわけのわかんないことを持ちかけてご迷惑をおかけしたことのお詫びとお礼を言って、そのうちのお一人がバスのクエでミスリルの砂を精製にいらしたということでしたので、ご迷惑のお返しに精製機の場所と、バスへ戻る船の船着場の場所をご案内させていただきました。

 しかし一体あの現象はなんだったんだろ?あれから石つぶてが手に入らないので試してないのですが。


| FF11 | 16:54 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< ぶら下がりミステリーツアー! | main | いとこい師匠、塔登りのお手伝いをする(偉そうに) >>

[-]スポンサーサイト
| - | 16:54 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/47