いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[FF11]どうかしてる!
 下級職人のレシピで野牛の肉を使うなんてどうかしてる! うちのサーバだと競売で1個4000近くする上、ギルド納品達成のためにはそれが8個もいるんだよー。こんなんいちいち買ってたら破産する、というわけで野牛狩りの旅に出ました。ウルガラン、今だに地図持ってないのじゃが。まあ今回は目的地があるわけじゃないからなくてもなんとかなるだろう、それより肝心の野牛に勝てるのかー? って感じでしたが強さが楽(レベル62前後)らしいのでなんとかなりそう。白の時だったらおそらく諦めてた相手ですが、上げてよかったからくり士、おかげで食材自力入手の幅がぐーんと広がったよ。

 さてザルカバードでちょっと迷ったもののなんとか無事にウルガラン山脈到着。ぐあー、入口から既に楽敵か。素材集めなんでサポシにしようかと思いましたが「いや! 経験値の入る敵をなめちゃいけん!」というわけでサポ白でやってきたのでインスニかけられます。よかった、サポ白じゃなかったら移動できずにいきなり入口で詰むとこだった。まあインスニだけならサポ踊り子でもよかったかなー、とも思いましたが、後ほどやっぱりサポ白で来た幸運を噛み締める事象が発生することをこの時の私はまだ知らず。

 入口から程近い坂を下るといたいたでっかい野牛が。うーむ、しかし回りには兎やらスノールやら犬(夜のみ)が。兎以外はたぶんアクティブだよなこれ。仕方ないのでインビジ(夜間はスニークも)かけて目標に寄って行ってマトンをけしかけ、この時点ではインビジが切れないので自分だけ安全な坂の中腹に避難してリトリーブ。ここでインビジは切れるけど周囲に敵はいないので、あとは獲物を引き連れたマトンを待ち受けてボコボコに。まあ時たま帰ってくる途中で別の野牛をリンクさせたりしますが。

 特殊攻撃のロウインが悪疫を運んでくるのでウィルナの使えるサポ白でほんとよかった。サポ踊り子のヒーリングワルツでもなんとかなるっちゃなるけどTPはマトンとの愉快な光連携(マジックモーター→双竜脚)のために取っておきたいとこなので。

 しかしまあ、サポシじゃないせいか野牛の肉が出ない出ない。納品のお題が発表になった0時過ぎにすぐにウルガランに向かったのに、必要数(最低8+割れ保険でもう1) が揃ったのは朝の6時……辛え。明くる日が休みでよかったよ。これさえ揃えば後は乾燥マージョラムと岩塩だけなので無事に作成して納品完了。

 狩りの副産物としてウルガランミルクがいくつか手に入ったのでこれでクリームパフでもこさえるかな。
| FF11 | 13:37 |comments(0) |-|
<< もうちょっと連携をがんばってみよう。 | main | コーブラー! >>

[-]スポンサーサイト
| - | 13:37 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES