いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[FF11]黒AFコッファー開け。
 黒AFも順調に揃ってきて、残すはボルグヘルツの最後の戦闘と、コッファー開けて取る二つだけとなりました。だけ、とか言いつつ結構残ってんな。じゃあソロでできるコッファー開けを片付けるか。

 黒AFのコッファーはエルディーム古墳とダボイ。鍵は先日の古代魔法取りの時やこれまでのスキル上げで入手済なのであとは探して開けるだけ。それが一番大変っちゃ大変だが。

 とりあえず装備レベルの低いのが出る方から、ってことで古墳へゴー。いやあ、上層でも絡まれるレベル(黒53)でここ来たの久しぶり。回りはみんなとてつよとかだわ、中のドアの仕組みは忘れてるわで大変。一人で行けるとこだけでも見ておこうと回ってみるけどやっぱりそんなとこにはなくて、いきなり詰んだー。その後LSの方に来ていただいてドアの開閉をお願いしつつ氷河側以外のひと通りの箇所を回ったけど影も形もない! ぬうう、タイミング悪かったか。
 結局その日はその後、LSのスリプガ2クエに雑ぜてもらってこっちは無事終了。からくり士で行ったので夜になるまでの待ち時間に蟹と遊んでいたのでマトンの射撃戦と自分の短剣スキル(格闘に比べるといまいち影薄いけど一応短剣もCあるのですよからくり士は)上げちゃった。もちろん本番はちゃんと格闘と白魔マトンで臨みましたが。終了後に古墳に戻ってまた扉を手伝ってもらいながらざっと回ってみましたがやはり見当たらないのでその日は終了。古墳入口でログアウトして明日また回ってみることに。

 さて明くる日、またLSの方に手伝ってもらいながらぐるぐる。真ん中から落ちたとこの一箇所に発見! ……したのはいいけど音反応のモンスターがぴったり張り付いてら。仕方ないので【死】覚悟で突っ込んで開けて入手。レベルが53→52に下がっちゃったけど(°ε°)キニシナイ!!

 デジョン4で帰った後、そのままの勢いでダボイに向かいます。なぜかはわからないが私は昔からよくダボイとベドーを間違いまくっていて、LSとかで「ダボイなに来てね」と言われて「了解!」と返しながら元気良くパシュハウを走っていたりするのですが、今回はさすがに間違わずに行ったよ!
 しかし古墳に比べてダボイ、というか修道窟のコッファー探しって楽だなあ。インビジさえあれば一人で全箇所回れるし、出現範囲は狭い範囲に固まってるし。程なくコッファーを発見し、周辺をうろついてるオークが背を向けた時を狙っていただき〜。生きて退散にも成功。古墳での苦労が嘘のようです。

 これで黒AFは手を残すのみとなりました。白の時より全然楽だわー。まあ白の時はAF取りたいジョブレベル=自分の最高ジョブレベルだったし、鍵を取るのも命懸けって感じでしたが。今はOPテレポ他移動手段も増えたし、白とからくり士だけとはいえ75ジョブがあるもんね。

 あとはリトレースほか、上位の魔法で足りない奴をちまちま集めて行く予定です。ソロで行けるのあるかしら。
| FF11 | 12:32 |comments(0) |-|
<< 初古代魔法。 | main | レベルシンク初体験。 >>

[-]スポンサーサイト
| - | 12:32 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES