いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[FF11]骨の谷間に。
 フェ・インのミッションでボスディン氷河に行った際いい塩梅に召喚士クエの水色の光(雪)をゲットしたので、残るは赤色の光(熱波)を残すのみとなりました。熱波はアルテパに行けば取れる、ってのはわかってるので早速行こう・・と思ったらアルテパ砂漠周辺地図はあるけど、その手前のコロロカの洞門の地図がないよ!


 てっきりバスで売ってるのかと思ったらラバオにしかないのね。うう、テレポルテもまだ未修得だから、アルテパ砂漠まで勘を頼りに徒歩で行かないとならないなあ。まあ敵はみんな練習だし、レベル上げで何度か行き来してるから何とか行けるかな。

 と、その前に、テレポルテ、ヨト、ヴァズはともかく、三国テレポクエはそろそろちゃんとやらないいとなあ。テレポメアはここでひょんなことから運良く入手、テレポホラはその後グスゲン鉱山の敵がすべて練習になった頃に暢気に取りに行ったけど、残り1つ、テレポデムもそろそろ自力で行けそうじゃないか? と思い立って早速単身ガルレージュ要塞へ侵入。むむっ、ここにはまだ楽の敵が(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル、でもMGS魔法もあるし、そんなに奥行くわけでもないし、ってんでインビジとスニークかけて第1魔防門の辺りまで進もう、と思ったらいきなりインビジ切れてるし! んで甲虫に気づかれて殴られてるし! きゃー! と思ってダメもとで地下への穴へ飛び降りたところ、あれ・・・追っかけてこない。 運が良かったのかそれとも穴の下へは落ちてこないのかよくわからないけどまあ僥倖でした。それからはほぼ順調、クエの???の出現場所を勘違いして第1魔防門の中に入ってしまったりもしましたが、幸いこのあたりは人の出入りが多いのでそれほど待たずに出ることができ、???も無事に発見してテレポデム取得。

 お、知らないうちにサンドの名声がずいずい上がって「ほとんど知らない人はいない」になってる。そういえば獣使いのレベル上げの途中にコウモリの翼や野兎の毛皮や火打石をかなり貢いだもんなあ。名声教えてくれるお兄さんも丁寧な口調に変わってるし、ちょっと偉くなった気分(大勘違い)。他にもいくつかクエをこなした後、バスへ移動してツェールン鉱山へ。

 心配したほど道に迷うこともなくコロロカを抜けてアルテパ砂漠へ。運悪く熱波が来ていないようだったので地図を買いにラバオに向かう・・・がここも敵が楽以上なんでMGS魔法必須。地図で見るとそんなに広くないようなのに歩けど歩けどラバオが見えてこないよ(´Д⊂グスン、途中にはとてとての蟻野郎もいたりして、久々に緊張感ある道行きを体験しながらそれでも無事にラバオへ。コロロカの地図を買って熱波の襲来を待って外へ出ると、やった、最後の光、赤色をゲット! と、上空からカバやん(カーバンクルの意)が降りてきてどこぞに来いとか言っております。その内容よりカバやんの呼びかけの「Itosykoisyさん・・・」というフルネームでしかもさん付けで呼ばれたときの字面の変さ加減に我がことながら笑ってしまう始末。普段は師匠とかイトさんとか呼ばれていて、NPCから呼ばれるにしても呼び捨てが多かったので新鮮と言うかなんというか。しかしよくよく考えて見なくても、変な名前だよなあほんと。その後カバやんの指示通りラ・テーヌ高原に行ってやっと召喚士取得・・思えば紅玉に泣かされて以来、長かったなあ。

 さて、明日はLSあげての大イベント、七罪に挑みます。ここんとこめっきり骨づいておりまする。


| FF11 | 17:40 |comments(0) |trackbacks(0)|
<< 骨骨大決戦! | main | 殲滅、その名は罪。 >>

[-]スポンサーサイト
| - | 17:40 |- |-|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES









http://itosykoisy.jugem.cc/trackback/96