いい加減な日々


 出戻りFF11日記。カーバンクルサーバにて五流タル白魔やってます。
 と言いながら最近は五流からくり士三昧。HistrionかわいいよHistrion。
 mixiでもほぼ同内容の日記をやっとりますが、こっちも捨てがたいので同時進行。
 文中、自分の事を「いとこい師匠」と敬称をつけて呼んだりしていますが、あだ名みたいなものだと思って大目に見てやって頂けると嬉しいです。



[-]スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |- |-|

[感想いろいろ]特捜戦隊デカレンジャー第46話「プロポーズ・パニック」。
 緑桃キタワァ*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゜・*:.。. .。.:*・゜゜・* !!!!!


 緑黄も緑桃も好きな私としてはもうたまらない展開で嬉しすぎる(*´д`*)!!
 緑桃はあの素敵すぎる身長差が実に実に( ・∀・)イイ!
 しかしセンちゃん……かっこいいにも程があるな今回の役回りはwww。生身で撃たれてもへっちゃらだし。やはり気合いなのか。
 あと今回は「静かな『ジャッジメント』」(センちゃん)&「叫ばない『エマージェンシー』」(ウメコ)が聞けたのもようござんした。そうだよね、本人の声でさえあれば変身できるんだから叫ばなくてもいいんだよな別に。
 なんかね、もうほんとに面白いよデカレンジャー。
 もう後ちょっとしかやらないんだと思うと本当に淋しいのう(´・ω・`)。
 こんなに終るのが残念な番組は「王様のレストラン」以来だよ(´Д⊂)。
| 感想いろいろ | 08:02 |comments(2) |trackbacks(1)|

[感想いろいろ]ううむ(愚痴っぽく)。
 感想ってわけでもないんですがどこに分類していいのかわからないので。

 コミケ絡みでちょいと長い文章を書く機会があったのですが、なんとか書き上げてみて思ったのは自分の文章は

回りくどくて色気がない。

ってことでした(まあblogの文章もそうなんですが)。他にも「『〜ような』って表現が多すぎ」「人の行動のバリエーションが少なすぎ(『頷く』か『俯く』しかしてねーよバーヤバーヤ!)」とか問題点は多々あるのですが……。

 というか同ジャンルの書き手さんの文章読むと「どうしてそんなおいらのツボにジャストミートするイカす文章が書けるノカーΣ(゜д゜lll)!」って人が多くて凹みまくりですよええ。
 やっぱこういうものは天性の才能ってのがあるんでしょうなあ。

 ああ、もっともっと文章うまくなりてえな、畜生(´・ω・`)。
| 感想いろいろ | 03:28 |comments(2) |trackbacks(0)|

[感想いろいろ]特捜戦隊デカレンジャー第42話「「スカル・トーキング」。
寂しくなんかナッシング。

本編が次回に向けてあんなに熱い展開なのに、どうしてもこれが記憶に残ってしまうwww。
いくらバンの想像上とはいえあんな部屋で! あんなカーディガン(としか呼びようがない代物)でwww!
あとボスの(つд⊂)←地獄の番犬のくせにw

そして次回は燃え上がる展開になりそうだなあ。
と、同時にこういう展開を見ると着々と終りに近づいてるのがわかって寂しいな(つд・)。
| 感想いろいろ | 03:06 |comments(0) |trackbacks(1)|

[感想いろいろ]特捜戦隊デカレンジャー第41話「トリック・ルーム」。
ヒャッホーイ! センちゃん主役回だぜー!


暗闇の推理禿燃え(`・ω・´)!!
というかあんな空間認識能力私も欲しい!

そして多くは触れないが緑カワイイよ緑(*´д`*)。


λ....んでもって会社行ってきまーす(´・ω・`)

--------------------------------------------------------------
・・・・(´・ω・`)帰ってきました。もう夜じゃんか。
詳しい感想を書いてみたいのですがどう取り繕っても萌え視点が入るので中止。
今回の見所(断じて萌え所ではない)は、緑の人は諸事情で一人現場から離れ、現場にいる人からの音声のみの情報によって一人暗闇の中で謎解きをする羽目になるのですが、その描写がすごくいいんですよ。情報として「20畳くらいの部屋」というのを聞くと、暗闇の中に緑の人の思い描いた20畳くらいの部屋が描かれる。で、情報が増えるたびにその景色の中に増えた物が描き足される、という形式になっていてそのうちに緑の人の周りには情報に基づいて部屋が出来上がってる(勿論想像上の)。
 なんてすごい空間認識能力だ! あれくらいの認識力があればユタンガ・ヨアトル両大森林なんて目をつぶっても歩けるということですね?
 
 思いこみから、情報の送り手が伝えたのとは違う形の家具を想像してしまったり(実はこれが事件解決のヒントにもなるのだが)、となかなかに興味深い描写が続いて子供向けながら相変わらず面白いのです。

 そんでやっぱり書かずにいられない萌え所は、

「理想の警察官3連発」&「違う…絶対に違う!」

だと! その前のエエ話をここまでコケにするとは! 素敵すぎ! もうエンディングコント最高!
これがもうすぐ終わっちゃう番組だなんて信じられないよ(´Д⊂)
| 感想いろいろ | 20:23 |comments(2) |trackbacks(0)|

[感想いろいろ]今頃になって浦沢直樹「PLUTO」を。
ようやく購入したんですが。


 元になった手塚治虫「史上最大のロボット」の方はもうすっごい昔に読んだので、アトムやプルートウはともかくゲジヒトがどんな顔してたのか忘れてしまってる・・・。子供心にエプシロンのおじちゃんにちょっとホの字だった自分を覚えてるんだけど(おいおい)。
 で、今回の「PLUTO」は今のところ大筋では原作と同じストーリーをなぞってるように見えるのですが、これからどうなるのか全然見当がつかなくて楽しみ。脇にチョロっと出てくるゲストキャラ(ロビタに似てるロボットだったり謎の日本人医師だったり)も楽しみです。
 あ、あとエプシロンのおじちゃんがどんなんなって出てくるのかも(まだ言うか)。

・・・ま、まさか女の子になったりしてないだろうな(((( ;゜д゜)))。
| 感想いろいろ | 23:46 |comments(0) |trackbacks(0)|
 工場長の名前の由来についてはこちらをご覧ください。
+PROFILE
 FFXIV PROF
+CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES